page contents
マニュアル

結婚式二次会準備マニュアル 2ヶ月前

2ヶ月前になったら、ゲストのご招待をしつつ、結婚式二次会の内容を決めていきます。決めるべき事はたくさんあるので、新郎新婦と幹事、みんなで協力しながら準備を進めていきましょう。

ゲストのご招待

1ヶ月半〜2ヶ月ほど前になったら、予めリストアップしたゲストのご招待をスタートします。ご招待の仕方は最近では主に3種類の方法があります。

  1. 招待状を送る
  2. メールやLINEで送る
  3. Webの招待状を利用する

それぞれの方法にメリットデメリットがありますので、比較して自分たちに合うやり方を選びましょう。

出欠の返答の締め切りはいつにすれば良い?
目安としては当日の2〜3週間前になります。あまり早めに設定すると返信率が悪かったり、保留の人が多かったり、後から変更が入ったりして、効率が悪くなります。

返信期日までに返事が来ない方には電話などで連絡をして、返事をもらいましょう。保留という方からはいつまでに返事をもらえるか確認しておきます。

結婚式二次会幹事の役割分担

新郎新婦と幹事で集まり、いよいよ結婚式二次会の準備を進めていきます。まずは幹事の役割分担をしましょう。最低限決めるべきなのは、今後の話し合いを進めていくリーダーと結婚式二次会の予算を管理する会計係です。

サブリーダーは必要?
幹事が5名以上いる場合はサブリーダーも選んでおくとリーダーが動きやすくなって良いと思います。

リーダーは新郎新婦や他の幹事との連絡係にもなります。みんなを引っ張っていくというよりはみんなと円滑にコミュニケーションを取れる人をリーダーにするのがおすすめです。

演出&企画のアイデア出し

結婚式二次会で何をするかアイデアを出していきましょう。ゲームは何をするか?友人代表の余興はあるのか?ケーキ入刀やブーケトスはするのか?新郎新婦の要望を聞きつつ進行内容のアイデアを出していきましょう。

進行内容はどうやって決めるの?
結婚式二次会ではこれを必ずやらなきゃいけない!という事はありません。定番となっているビンゴなどのゲーム自体を行わないのだってOKです。ただ、先に決めた結婚式二次会のコンセプトから外れる事の無いように注意して企画を考えましょう。
ゲームは何をすれば良い?
結婚式二次会のゲームと言うとビンゴが定番です。他に人気のあるものとしては新郎新婦クイズやグループゲームなどがあります。もし進行や運営が不安な場合は、ビンゴにするのが良いでしょう。

結婚式二次会の時間配分などを考えると良い企画は出てきません。この段階では全体のバランスなどは考えずに、それぞれの内容をしっかりと考える事が大事です。

進行表の作成

進行内容が決まったら、結婚式二次会の進行表、いわゆるタイムテーブルを作成します。それぞれの進行内容の時間配分を決めて並べていく作業になります。

それぞれの進行内容の時間はどうやって決めれば良いの?
定番の進行内容は大体の時間は決まってますが、オリジナルの進行内容はその内容から必要な時間を予測しなければなりません。リハーサルをするなどしてなるべく正確な所要時間を予測しましょう。
結婚式二次会の時間って何時間?
結婚式二次会のパーティー時間は会場によって変わってきます。新郎新婦の入場から退場まで通常は2時間の場合が多いですが、会場によっては1時間40分と短かったり、2時間30分と長かったりします。事前に結婚式二次会の会場担当者に確認しましょう。

疎かにされがちな歓談時間ですが、結婚式二次会において歓談時間は非常に重要です。新郎新婦との会話や、飲食がしっかりできるようにバランスよく歓談時間を設けましょう。

装飾の検討

進行内容だけでなく装飾についても決めておきましょう。結婚式二次会用に何か特別な装飾を施すのか、披露宴で使用したウェルカムボードなどの装飾品を結婚式二次会でも使用するのか、新郎新婦の希望を確認しながら検討しましょう。

結婚式二次会でも装花って必要?
高砂には装花を置くのがおすすめです。披露宴で使用した装花を持ち出せる場合は高砂用の装花だけでも持ってくると良いです。

結婚式二次会の準備時間は大体の会場で30分ほどです。飾り付けに時間のかかる凝った装飾をしようとすると受付開始時刻までに間に合わない事もあります。また、片付けが大変な装飾だと退出時刻に間に合わないなんて事もあり得ます。準備と片付けの事も考慮して結婚式二次会の装飾は決めていきましょう。

披露宴会場からウェルカムボードなどウェルカムグッズを持っていく場合は、予め結婚式二次会の会場内にどのように置くか決めておき、必要に応じてテーブルを出しておいてもらうなど、当日になって時間を無駄に使わないようにしておきましょう。

結婚式二次会の衣装・ヘアメイクを決める

新郎新婦は結婚式二次会の衣装やヘアメイクの事も決めておきましょう。披露宴会場によってドレスを持ち出しできなかったり、別途費用がかかったりします。その場合、他のレンタルドレスショップでドレスを借りる必要が出てきたりします。また、ヘアセットやメイクを変える場合は、その場所や誰にしてもらうのかなども明確にしておきましょう。

二次会用にドレスって変えるもの?
どちらかと言うと変えない人の方が多いですが、よりカジュアルなドレスや動きやすいドレスに着替える方ももちろんいます。

衣装を着替えたり、ヘアメイクを変えたりする場合、披露宴お開き後から結婚式二次会までの準備時間がより多くかかります。披露宴から二次会までの時間がどのくらいあるのかもしっかり把握して着替えやヘアメイクは検討しましょう。